車番:ML6号
制御:直接制御(GE-K-39-C)
動力:GE-281-B 定格出力52Kw×2 歯車比4.43
駆動:釣り掛け駆動式
台車:ブリル21型


ML6号は2011年8月9日に勝山駅横展示建屋内で動態展示の為、搬入された。
2011年11月23日にお披露目会が行われた。
えちぜん鉄道になってからしばらくは車庫内入替用に使用されていたのみであるが、
毎年鉄道の日イベントで線路閉鎖をして各会場(三国港、勝山)へ自力回送されたこともあり、
往年の走りっぷりまでいかずともその走行音(通過音)を聞くことができた。(現在休車中)
当時貨物を牽引する為の機関車であった為トルク重視のセッティングで速度は30`前後でゆっくり走る。
ホイッスルについても特徴があり、下り方(勝山、港方)は高めの、上り方(福井方)は低めのホイッスルであるが、
モノ自体は同じと思われる。
その通過音&ホイッスル音をお楽しみください。
回送通過音1
 山王-越前竹原間
回送通過音2
 発坂-比島間(40‰登坂)
回送通過音3
 下志比-永平寺口間
車番:ML521,522号
制御:直並列抵抗制御(UCPL-20S)
動力:TCH-60 定格出力60Kw×4 歯車比4.47
駆動:釣り掛け駆動式
台車:日立型


ML521,522号は現在冬の除雪ラッセル車として使用されているのみである。
近年鉄道の日イベントでML6号と共に各会場(三国港、勝山)へ回送することもあれば、
毎年11月下旬冬将軍に備えての整備を受けラッセル試運転で走り、雪が積もればシーズン中
見ることができる。ATS実装のため日中の本線も走行可能。
このML521型の認可速度は45`でさほど速度が速いわけでもないが、重圧な走行音(通過音)と、
実際ラッセルの映像をお楽しみください。
回送通過音
 光明寺-下志比間及び中角-鷲塚針原間
・ラッセル動画
 2008年1月1日越前竹原-山王間
車番:Mc1102号(2014.11.28系式消滅
制御:直並列電動カム軸式抵抗制御(MMC-H-10K)
    最終3ノッチ弱め界磁制御
動力:MT46 定格出力80Kw×4 歯車比4.82
駆動:中空軸平行カルダン式
台車:DT-21型

MT46モーター搭載のえち鉄現有車輌(Mc5001,2204)とは変わった音を出す車輌で、その原因が
モーターのギア比の違いにあります。ギア比が低く設定してある分MT46独特の唸りがおとなしいものに・・・
さて、このMT46モーター搭載車輌でギア比が近郊型4.82で活躍している車輌は全国でこのえちぜん鉄道
Mc1102号とお隣福井鉄道の601、602と610のみとなっています。
大変貴重な存在となってしまっているMT46のそのまた貴重なギア比4.82Ver.を加減速を繰り返す区間で
しかも快速運用での走行音をお届けします。電制が搭載されていないので、電制音が無いのが残念ですが。
1500V区間ではJR四国の今は無き111系がMT46のギア比4.82で走ったのが最後ではないでしょうか
快速運用での走行音
 発坂-越前竹原間
Mc1102AC起動音(VVVF-GTOタイプ)
 2108+2109や5001と同じ起動音
Mc1102走行音
 山王-越前野中間
 MT46にギア比が4.82と近郊型のため
 唸りが小さく聞こえます。
Mc1102ブレーキテスト音
 えち鉄後に電直ブレーキ改造された
 そのブレーキテスト音
Mc1102整理券発行機案内放送
 整理券発行機から流れる放送
 
車番:Mc2101,2102,2105,2106,2107,2110,2108,2109,2111,2112,2113,2114,2115,2116号(2013.12.27全系式消滅
制御:直並列電動カム軸式抵抗制御(MM12-A2)
動力:MB-146-SFR 定格出力75Kw×4 歯車比1.96
    TDK-528 定格出力90Kw×4 歯車比3.21(MC2108+2109)
駆動:吊り掛け駆動式
台車:K-16型 FS-107型(MC2108) FS-36型(MC2109)


最後に残った2111+2116号も2013年12月26日の運用をもって引退し、形式消滅した。
在りし日の吊り掛け車両走行音を、全検上がり後数日しか聞こえてこない貴重な音や速度の出す区間で
一気に70`まで引っ張っていた時の各車両の走行音をお届けします。600V線区とはいえ聞き応え十分です!!
2101-A形・・・2101+2102、2105+2106、2107+2110 非冷房、自動ブレーキ車、片運転台

2101-B1形・・2108 冷房、三管式直通、片運転台、FS-107台車
2101-B2形・・2109 冷房、三管式直通、片運転台、FS-36台車
2101-C形・・・2111+2112、2113、2115 非冷房(2113のみ冷房)、三管式直通、両運転台(使用不可)、K-16台車
2101-D形・・・2114、2116 冷房、三管式直通、両運転台(使用不可)、K-16台車
快速運用走行音(MC2109+2108)
 山王駅-永平寺口駅間(当時認可最高速65`)
全般検査上がりの走行音(MC2114)
 光明寺-轟間 全検上がり間もない貴重音
加減速走行音(MC2105+2106)廃車済
 小舟渡-越前竹原間 自動ブレーキ緩解A動作弁音等
ブレーキテスト音Ver.1
 (自動ブレーキ車MC2107)
ブレーキテスト音Ver.2
 (自動ブレーキ車MC2110)
ブレーキテスト音Ver.3
 (三管式直通ブレーキ車MC2113)
認可最高速走行音(MC2109+2108)
 光明寺-轟-越前野中間(MAX70`)
各車走行音(MC2101+2102)廃車済
 今は聞くことのできない車輌音 水居-あわら湯のまち間
各車走行音(MC2105+2106)廃車済
 今は聞くことのできない車輌音 越前野中-轟間
各車走行音(MC2107+2110)
 今は聞くことのできない車輌音 本荘-大関間
各車走行音(MC2109+2108)
 三国芦原線 水居-あわら湯のまち間
各車走行音(MC2109+2108)
 貸切時の走行音 三国-あわら湯のまち間ノンストップ
各車走行音(MC2109+2108)
 台車交換前の走行音 越前野中-轟間
各車走行音(MC2109+2108)
 勝山永平寺線 越前竹原-小舟渡間
 断流器の音からブレーキ排気音までリアルに聞ける
各車走行音(MC2111+2112)
 勝山永平寺線 越前野中-山王間
 直線部で数‰の上りだがMAXまで出して力走!
 各車走行音(MC2113+2116)
 勝山永平寺線 光明寺-轟-越前野中-山王間
 直線部が多くMaxまで出せる区間限定走行音
 各車走行音(MC2113+2116)
 勝山永平寺線 轟-越前野中間
 とてもリズミカルなジョイント音を聞けるリアルVer.
 各車走行音(MC2115+2114)
 三国芦原線 西長田-下兵庫間
 ギアの唸りが大きい時に録った走行音
各車走行音(MC2115+2114通過音)
 車外通過音 山王ー越前竹原間
Mc2113AC起動音(VVVF-GTOタイプ)
 初期のインバーターエアコン起動音(GTO)
Mc2116AC起動音(VVVF-IGBTタイプ)
 現在主流のインバーターエアコン起動音(IGBT)
連結走行音(Mc2115+2116当時)
 吊り掛け車ハモリ音 山王-越前野中間
 起動時がよくわかるかと思います
連結走行音(Mc2115+2116当時)
 吊り掛け車ハモリ音三国線Ver. 新田塚-中角間
 登坂中ずーっとハモってたんでとりあげました
Mc2109AC起動音(VVVF-GTOタイプ)
 CU-127K独特の起動音(弱冷時)
 Mc2108AC起動音1(VVVF-GTOタイプ)
  CU-127K独特の起動音
  固体差か唸りが多少大きいタイプ
 Mc2108AC起動音2(VVVF-GTOタイプ)
 CU-127K独特の起動音
  個体差か唸りが多少小さいタイプ
 Mc2114空気圧縮機動作音
 DH-25型空気圧縮機の動作音です。
 個体差もあり回転数の早い遅い動作音の大小等
 Mc2115空気圧縮機動作音
 DH-25型空気圧縮機の動作音です。
 個体差もあり回転数の早い遅い動作音の大小等
   
車番:Mc2204号(2014.11.28系式消滅
制御:永久並列電動カム軸式抵抗制御(PE-15C)
    最終4ノッチ弱め界磁制御
動力:MT46 定格出力80Kw×4 歯車比5.6
駆動:中空軸平行カルダン式
台車:DT-21型


2006年5月6日付で廃車になった2201型2202+2203号。ラストランは同年5月3日勝山永平寺線快速3716Kでした。
残りわずかとなったMT46搭載車輌がまた姿を消しました。
この2201型車輌の特徴の一つに制御器があります。この車輌は永久並列制御器を使用しています。
起動時から並列で直列制御がないため、やわらかい滑らかな加速をするのが特徴といえるでしょう。
同じMT46モーターを搭載している車輌の5001形程の高加速はないが、高速域でのモーターサウンドは変わりない。
Mc2202+2203ラストラン前の三国芦原線で70`で走る走行音、一人残されたMc2204の各線走行音共々
最高速70`フルに出しての走行音はなかなかのものです。是非聞いてみてください。
連結走行音(Mc2202+2203)
 今は聞くことのできない車輌音 下兵庫-大関間
連結走行音(Mc2202+2203)
 連結面での走行音です 光明寺-轟間
AU13HA型分散型クーラー稼動音
 ブーンとファンの回る音が独特の
 AU13阪神電鉄仕様音
各車走行音(MC2204)
 水居-あわら湯のまち間
車番:Mc5001号
制御:直並列電動カム軸式抵抗制御(PE-30-A2)
    最終4ノッチ弱め界磁制御
動力:MT46 定格出力80Kw×4 歯車比5.6
駆動:中空軸平行カルダン式
台車:DT-21型


認可速度も70`になったことで、以前の+5`しか変わらないが、走行サウンド自体は以前より迫力を増している。
2005年10月3日より全般検査に入り同年11月28日に出場した後に録音した走行音は、整備後の独特のサウンドか
わかりませんが、電制時にキーンという音も以前にはなかったものです。
MC5001は阪神電気鉄道ジェットカー譲りの高加減速制御器搭載車で、メリハリのあるサウンドを聞くことできます。
鋳鉄ブレーキシューの音がほとんど聞こえず電制音もきれいに録れた走行音(勝永線)
フルノッチであわら湯のまちへ快走する走行音(三国線)を是非どうぞ。
走行音
 越前野中-轟間
走行音
 水居-あわら湯のまち間
警笛音
 エアフォン&電子フォン
AC起動音1(VVVF-GTOタイプ)
 Mc2108+2109搭載機と同じだが
 起動時の非同期音が多少間延びして聞こえる
 稼動音は多少大きめのタイプ
AC起動音2(VVVF-GTOタイプ)
 稼動音は多少小さめのタイプ
 
車番:Mc6001,6002号
制御:永久直列電動カム軸式抵抗制御(ES-791-A)
    3,4ノッチ弱め界磁制御付(空転検出器付)
動力:MT46 定格出力80Kw×4
※1 歯車比5.6
    MT54 定格出力96Kw×4
※1 歯車比5.6(初期)歯車比4.82(現行)
駆動:中空軸平行カルダン式
台車:軽量ボルスタレスエアサス式 日車ND-708型
※1 力行時は3個、電気制動時4個モーター発電制動に切り替わり、3個しかモーターがないということではない

愛知環状鉄道より2003年8月25日にえちぜん鉄道に搬入入線。
各種テストの後に同年10月11日に永平寺口折り返し(永平寺口−勝山間は未開業)でデビュー。
しかしながら低出力がために同年11月19日にMT54化(定格出力96Kw)交換出力UPされ、MT46に幕が下ろされた。
この短い期間に録音した貴重とも言える幻のサウンドをどうぞ。(^^)
その他、MT54でギア比5.6の時代の走行音と連結時のモーターハモリ音など聞き応え十分!
現在に至るまでのすべての走行音を網羅。
走行音(Mc6002)
 
MT46ギア比5.6時代 光明寺-轟間
 明らかに非力な低加速音が聞いて取れます(^^;
 これでフルノッチなんですよ・・・
区間快速走行音(Mc6002)
 
MT46ギア比5.6時代 発坂-小舟渡間(保田通過)
 当時時間帯によって区間快速が設定されていた時のもの
 非力ながら澄んだモーターサウンドです
 下のMT54時代と聞き比べてみてください
車外通過音
 
MT46ギア比5.6時代
 鷲塚針原-中角(Mc6001)
 越前新保駅進入(Mc6001)
 観音町-越前島橋間(Mc6001+6002)
走行音(Mc6002)
 
MT54ギア比5.6時代 光明寺-轟間
 MT46時代から比べると音は豪快だが・・・
 スピードは出ないんですよね・・・
区間快速走行音(Mc6002)
 
MT54ギア比5.6時代 発坂-小舟渡間(保田通過)
 当時時間帯によって区間快速が設定されていた時のもの
 なかなか豪快で聞き応え十分!!
 上のMT46時代と聞き比べてみてください
連結走行音(Mc6002+6102)
 
MT54ギア比5.6時代 山王-越前野中間
 同じギア比で同じモーターのはずが・・・
 ハモリ音わかります?
走行音(Mc6001)
 
MT54ギア比4.82現行 山王-越前野中間
 現在このスペックで落ち着いています・・
 というか、これ以上はどうにもならんのでしょうね(^^;
電制異音走行音(Mc6002+6001)
 
MT54ギア比4.82現行 保田-小舟渡間
 なぜか電制時にヒュルヒュル・・・っと音がする
 故障でないがこの車輌のみの異音でとりあげてみた
 6002号と連結してのものだが聞き取れると思います。
電制異音走行音(Mc6001)
 MT46ギア比5.6時代 光明寺-轟-越前野中間
 2003年11月16日収録のMT46時代走行音
 この時からすでに電制時他車と違う電制音(ギアの唸り)
 が聞き取れた。愛環時代もおそらく唸っていたのであろう・・
 それにしても非力な低加減速車の走行音だなぁ・・・(-_-)
空気圧縮機動作音
 Mc6002はクラシカルなDH-25空気圧縮機
 Mc6105はスクリュー式のHS10空気圧縮機
 そのハモリ動作音をどうぞ
 空気圧縮機動作音
 Mc6001号DH-25ブレーキテストと同時に
 空気圧縮機の動作音をどうぞ
 
※音量に注意
AC動作音
 Mc6002号室外機エアコン動作音をどうぞ
 型式:FDA-3125
車番:Mc6101,6102号
制御:永久直列電動カム軸式抵抗制御(ES-791-A)
    3,4ノッチ弱め界磁制御付(空転検出器付)
動力:MT54 定格出力96Kw×4
※1 歯車比5.6 (初期)
    MT54 定格出力96Kw×4
※1 歯車比4.82(現行)
駆動:中空軸平行カルダン式
台車:軽量ボルスタレスエアサス式 日車ND-708型

※1
力行時は3個、電気制動時4個モーター発電制動に切り替わり、3個しかモーターがないということではない

愛知環状鉄道より2004年2月29日にえちぜん鉄道に搬入入線。
Mc6101、6102は登場時からMT54を搭載していた車輌であるが、ギア比は5.6のままであった。
後にMc6001型と共にギア比4.82に換装されるわけであるが、現在に至るまでの走行音を是非お聞きください。
現在Mc6102号の走行音は最高に澄んだ音で運用についています。(2008年11月現在)
走行音(Mc6101)
 MT54ギア比5.6時代
・走行音
 MT54ギア比4.82時代
・各車走行音(Mc6101)
 山王-越前野中間
各車走行音(Mc6102)
 山王-越前野中間
緩解音(Mc6102)
 ブレーキ弁ハンドルを抜き取るときの音
車番:Mc6103,6104,6105,6106,6107,6108,6109,6110,6111,6112号
制御:永久直列電動カム軸式抵抗制御(ES-791-A)
    3,4ノッチ弱め界磁制御付(空転検出器付)
動力:MT54 定格出力96Kw×
※1 歯車比4.82
駆動:中空軸平行カルダン式
台車:軽量ボルスタレスエアサス式 日車ND-708型
※1 力行時は3個、電気制動時4個モーター発電制動に切り替わり、3個しかモーターがないということではない

Mc6103以降順次愛知環状鉄道よりえちぜん鉄道に搬入入線し、主力車輌としてがんばっています。
Mc6001型及びMc6101型の各種走行データから、最終確立した改造で登場しています。
Mc6103以降MT54ギア比4.82で登場し、型上同一仕様になっている。
大きく分けてMc6001型とMc6101型であるが、あえてMc6101型初期車と増備車と分けた理由は
エアコンユニットの違いと、運賃表示機の違いから分けさせてもらっています。
それでも各車両の走行音は微妙に異なっています。その違いをどうぞ。
走行音
 山王-越前野中間(Mc6103)
走行音
 山王-越前野中間(Mc6104)
走行音
 山王-越前野中間(Mc6105)
走行音
 山王-越前野中間(Mc6106)
走行音
 山王-越前野中間(Mc6107)
走行音
 山王-越前野中間(Mc6108)
走行音
 山王-越前野中間(Mc6109)
・走行音
 山王-越前野中間(Mc6110)
走行音
 山王-越前野中間(Mc6111)
走行音
 山王-越前野中間(Mc6112)
コンプレッサ稼動音(Mc6112+6107)
 同時稼動音(連結)ステレオで聞こえませんか?
ブレーキテスト音T(Mc6108)
 始業点検でよく聞くことのできるブレーキテスト音
ブレーキテスト音U(Mc6105)
 緩解音から自動ブレーキ音まで
戸締め音(Mc6108)
 101系より使用されてきたもの
電動カム動作音(Mc6108)
 6000系すべて同じ音だが・・・(^^;一応
ATS稼動音(Mc6108)
 JRでもよく聞くことのできるBZ-21形警報装置
警笛テスト音(Mc6105)
 エアフォンは音量に注意!(^^)
 電笛エコー有・電笛エコー無・エアフォンの順
電子フォン音(Mc6105)
 車載カタツムリタイプのエコーする電子フォンです
連結走行音(Mc6110+6101)
 連結時のハモリサウンド
 光明寺-轟-越前野中間
連結走行音(Mc6103+6112)
 連結時の澄んだサウンド
 光明寺-轟-越前野中間
通過走行音(Mc6110)
 中角-鷲塚針原間
 電子フォンを鳴らしながら通過していきました
エアコン起動音(Mc6108)弱冷時
 VVVFインバーター(IGBT)起動音です
 右隣の強冷時よりファンの音が大きいですが・・・
 弱冷の時の音なんです(^^;
エアコン起動音(Mc6111)強冷時
 VVVFインバーター(IGBT)起動音です
 左隣の弱冷時よりファンの音が小さいですが・・・。
 強冷の時の音なんです(^^;
Mc6105ギア唸り走行音
 発坂-比島間
 なぜかこの車輌だけ電制&力行時ガラガラと
 唸るんです。2009年5月30日録音
 今はギアボックス交換されてしまい幻の音に・・・
Mc6103+6110電制時滑走音
 発坂-保田間
 ちょうど雨が降り始めた時によくおきる現象です。
 前の車両では滑走がなかったんですが、後ろの車両
 連結面では大滑走(^^;
 あまりやりすぎるとタイヤがフラットになり
 乗り心地&騒音の原因になりますが・・・。
Mc6106エアフォン
 他の6000系とは違い、この6106福井方運転台
 でのみ、エアフォンにエコーがかかったように
 長く鳴り続けるタイプ
 乗務員の間では不評のようだ(^^;
快速走行音(Mc6108)
 山王-永平寺口間
 勝山線で唯一直線の長い区間の走行音
 
 電制異音走行音(Mc6103)
 以前はMc6001で聞けた電制異音ですが、
 メンテナンスでギアボックスを交換した際
 今度は6103で聞けるようになった。
 走行音(Mc6112)
 降雪積雪時は余分な雑音が雪に吸収され
 真のモーターサウンドを聞くことができる。
 その時の音をどうぞ(^^)
 立ち往生寸前の走行音(Mc6110)
 2011年1月31日大雪となった朝一の508K
 めざましトレインで出勤乗車中だった時に
 録った走行音。結局下志比到着後前進、後退
 すらできず立ち往生した。
 今にも止まりそうな走行音をどうぞ
 (時速20`出るか出ないかほどの低速です)
 空気圧縮機動作音
 スクリュー式の空気圧縮機(HS-10)動作音です。
 反対列車が大口電気使用車両で電圧降下時の
 動作音です(Mc6108号)
 空気圧縮機動作音
 Mc6002(DH-25)+6105(HS-10)勝山駅発車時の
 空気圧縮機動作走行音
 
車番:Mc7001,7003,7005,7007,7009,7011号
制御:VVVFインバータ制御(IGBT 可変電圧可変周波数制御MAP-084-60VD252形)・ノッチ戻し機能付
動力:90Kw×4 歯車比6.07
駆動:平行カルダン式WN駆動
台車:DT-33形

JR東海旅客鉄道鰍謔119系車両を購入の上改造
えちぜん鉄道初のVVVFインバータ制御車両である。床下機器は一新されてるといっても過言ではなく、
軽快な走りを見せてくれる。VVVF特有の変調音、回生時の音といい、初めての音だらけです。
走行音
 越前野中-山王間(Mc7003)
走行音 (警笛あり)
 山王-越前野中-轟間(Mc7003)
 
 
     
  車番:Tc7002,7004,7006,7008,7010,7012号
制御:-
動力:-
駆動:-
台車:DT-21-T形

JR東海旅客鉄道鰍謔119系車両を購入の上改造
えちぜん鉄道初のTc車(制御車)で、モーターが付いていないため、走行時の音に軽さを感じる。
Tc車でしか聞けない走行音をお楽しみください。
走行音
 山王-越前野中-轟間(Tc7006)